ガールズスタイル

MENU

プロポーズをしてもらえる女性としてもらえない女性の違いとは?

「彼がなかなかプロポーズしてくれないの」

 

30歳を目前に、結婚したくてたまらない多くの女性が抱える悩みです。

 

しかし、一方で世の中には男性からプロポーズを受け、幸せな結婚している女性も多くいます。

 

それでは、結婚に踏み切れない男と踏み切れた男の違いはなんなのでしょうか?

 

それぞれの内面を分析しながら、彼にプロポーズをしてもらえる女性になるための秘訣を探っていきましょう。

 

 

 

結婚に踏み切れない男

 

現在、3歳年上の彼女と5年間の交際をしている男性Aさん(27歳)。

 

彼女は今年30歳をむかえ、かなり結婚を意識する発言が多くなりました。

 

先週もブライダルフェアに行こうと誘われたばかり。

 

まだ、プロポーズもしていないのに年末に彼女の実家に行くことも約束させられ最近は彼女の押しの強さに辟易しています。

 

彼女との将来を全く考えていないわけではありませんが、
まだまだ自由に遊びたいし、家庭に縛られたくない。

 

もしかしたらもっと良い出会いがあるのではないかという思いも心の片隅であるので、Aさんはなかなか結婚に踏み切れません。

 

 

結婚に踏み切れた男

 

Aさんと同じ年のBさん。

 

今年大学院を卒業し、ようやく社会人になりました。

 

学生時代から5年付き合っている彼女がいます。

 

学生時代は常にお金がなく、いつもデートは公園で手作りのお弁当を食べるくらいでした。

 

Bさんはいつもお金のかからないデートばかりで申し訳ないなという気持ちでいっぱいでしたが、彼女は嫌な顔もせず、いつも彼の学業を最優先に応援してくれました。

 

Bさんの就職が決まったとき、一番に報告したのが彼女でした。

 

そして、いつもそっと支えてくれた彼女を幸せにしてあげたいと、同時にプロポーズもしました。

 

 

最も大事なのは、あなたといて安らげるかどうか

 

男性にとって、結婚の決め手は一緒にいて気持ちが安らげるかどうかが一番のポイントになります。

 

逆に、自分の気持ちを押し付け、すべて自分のペースで物事を進めようとする傲慢な女性とは、長い人生を寄り添っていくのは難しいと考えてしまいがちです。

 

もちろん、お互い全く違った環境で生まれ育ったわけですから、考え方の違いや価値観の違いからは避けれません。

 

しかし、お互いを思いやる気持ちがあれば、そういった違いを埋め合わせるための双方の努力は自然と生まれ、あなたといることが安らぎとなるのです。

 

 

おわりに

 

新しい出会いがあると、やはり相手の収入・学歴・容姿がまず気になってしまいがちですが、長い人生を必ずしも良いときだけではありません。

 

突然の失業、病気、子育ての悩みなど、結婚してから二人で乗り越えなければいけないことはたくさんあります。

 

そんな苦しい場面でも、支えあって頑張っていける姿が自然にイメージできる相手かどうか、男性は見極め、あなたへプロポーズするか決断しているのです。

 

果たしてあなたは彼が健やかなときも、病めるときも、愛し続ける覚悟はありますか?

オススメ占い♪